2012年12月31日

激動の2012年

2012年……ある意味激動の年だったと思う。そんな年が,あと7時間余りで終わろうとしている。そこで,個人的に2012年を振り返ってみる。

1月:危機的な講義のテストが終わって2ヶ月にも及ぶ春休みに突入。
2,3月:春休みの大半を母親の実家で過ごす。47泊48日は過去最長…だと思う。
4月:学校が始まり,今までなかった5限授業が始まる。ネオ一眼(FUJIFILM FinePix S3200)を購入
5月:フォロワーさんと一緒に高崎線オフへ参加
6月:西武鉄道の武蔵丘イベントに参加。白砂山登頂
7月:学校終了。
8月:「《列島横断!》883km高速道路の旅!」 人生で初となる青春18きっぷ購入。松山から大阪に一泊してここまで普通列車で帰宅。自身初となるJR西日本,JR東海の車両に乗車
9月:後期開始。火曜日が1限から5限まですべて授業で埋まる超ハードスケジュールに
10-11月:撮影しつつ学校へ通う
12月:一眼レフ(Nikon D3100)購入。一年でカメラが2台変わるのは初。胸焼けに悩まされる

ざっと1年を振り返ってみたが,やはり8月の「《列島横断!》883km高速道路の旅!」,18きっぷの旅や,カメラを1年の間で2回も変わるっていう,「初」という文字がつくのが多かった年であったと思う。
そして,地元路線の高崎線にも変化が訪れる年となった。

CSC_0004
●211系3000番台 高崎C1編成(トリミング済み)

DSC_0057
●E233系3000番台 高崎L06編成(2012/12/16撮影)
11年ぶりの新車投入である。9月1日から営業運転を開始したE233系3000番台,気づいたらもうすでにL11編成まで営業運転に入っているという点で,東の置き換えスピードには圧巻される。
9月1日には,営業運転最初の列車に乗りに行った。
002.JPG
●E233系3000番台 高崎L03編成(2012/9/1,ビデオカメラで撮影)
当時のL03編成,新車の匂いがプンプンしてたのは記憶に新しい。3ヶ月たった今では,もうその匂いはせず,もはや日常の光景になっている。
DSCF3504
深谷行きの方向幕。もはやこれも日常になってしまったが,9月1日に乗ったときはいろいろと興奮したもんだ(

DSCF3668
●E1系(2012/9/1,S3200で撮影)
9月いっぱいで引退したE1系。こんどのダイヤ改正では200系が引退するそうな。

高崎線のみならず,様々なところで車両の転配や新造といったことが多かった2012年。211系は来年のダイヤ改正でもまだ4往復残るそうで,まだまた211を撮る余地はありそう。
来る2013年。一番の目玉は,やっぱり東京メトロ副都心線,東急東横線の直通運転開始ではなかろうか。もうすでに東上,西武,メトロ側では東急5050系が,東急側ではメトロ1000系,7000系の先行営業運転が始まっている。西武,東武の車両もすでに東横線での試運転を行なっており,メトロ側でもY500系が試運転を行ったりと,直通運転開始に向けた準備は着々と進んでいる。2013年3月16日,JRのダイヤ改正と同じ日であるが,直通運転が始まる。どんなダイヤになるのか,そして「南渋谷駅」と揶揄されている渋谷駅の埼京線ホームがどのようになるのか,非常に楽しみである。
2013年の目標というか,やっぱり8月の車載動画がうまく行かなかったという心残りがあるから,それのリベンジをしたいと思っている。ただ,インターンシップとかあるから,もしかしたら叶うことはできなくなるのかもしれない。

それでは皆さん,良いお年を!!



当ブログをご覧いただきありがとうございました。当ブログをさらによりよいものにしていくために,下の投票もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へにほんブログ村 高校生日記ブログへにほんブログ村 高校生日記ブログ 高校3年生へ
posted by 平塚 優 at 17:02 | Comment(0) | 撮り鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

新しいレンズを片手に

およそ3日ぶりに外に出たと思う。この3日間は「腹痛だ」とか「胸焼けだ」とかで結局どこにも出かけなかった。
というわけで,昨日ネットで注文した望遠レンズが届いたので,試し撮りを兼ねてまたあの場所へ向かった。
そのレンズはというと,口コミやレビューでは結構悪い評価が見られてたから,すこし覚悟を決めてというか,あまり期待せずに撮ることにした。

いつもの場所に着き,レンズをセットして構図を決めていた。とそのとき,2番線の接近放送が鳴った。遠くから何やら古そうな,そして見覚えのある車両が…

DSC_0001
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

心臓が高鳴った。約20日ぶりの嫁車との対面である。
ここでいつもなら飛び乗るところだけど,今回は「この構図で撮る」って決めてたから,乗らずに運用番号だけ調べて見送った。今日は29Kだった。
戻ってくるまでに1時間くらいあったので,昼飯を取ってしばらくここで撮影することにした。

DSC_0007
よく分からないけど適当に撮ったらそれなりに味が出たっていう写真。

DSC_0008
●営団6000系 6131F

DSC_0011
●東京メトロ16000系 16103F

DSC_0013
●E233系2000番台 マト14編成

DSC_0012
ちょうど真上を飛行機が飛んでたから撮影してみた。

しばらく撮影してたら,こんどはなんとこいつが…
DSC_0009
●209系1000番台 マト81編成
あまりの突然さに驚いてしまった( こいつも今日は01Kの終日運用に入っていた。
DSC_0010
そして後追い。

そしていよいよ本番。本番に近づくにつれ,手が震えてくるっていうのはいつものパターン()
CSC_0015
●209系1000番台 マト82編成(トリミング済み)
あーあというか,トリミングしてなんとか持ちこたえたような感じ( ただ,ようやく一眼レフでまともな嫁の写真が撮れたという達成感は感じた。
そして,いつものように嫁に向かって飛び乗った。カメラ2台を片手に乗る人がいたら,そりゃあ変な目で見られるのも仕方がないのかもしれない() 目線が痛かったけど,なんとか定位置のモハ209-1006まで移動し,カメラをしまった。
撮る前に北松戸で返し撮ろうかなとかって考えてたけど,気づいたら我孫子まで乗ってた( そして,せっかくだから我孫子から代々木上原まで通しで乗ることにした(※もちろん改札は一旦出ました)。嫁を我孫子から代々木上原まで乗るのはかなり久しぶりだった。
代々木上原に着いた後,せっかくなので小田急でも何枚か撮ることにした。あんまり遠くには行けないので,すぐ近くの代々木八幡で撮影。

DSC_0016
●小田急1000形 1068×4

DSC_0017
●小田急30000形「EXE」

DSC_0018
●小田急7000形「LSE」

DSC_0019
●小田急3000形 3658×8
DSC_0020
上の写真の後追い。完全なる逆光()

やっぱり小田急って言ったらこれだと思う。
DSC_0021
●小田急4000形 4051×10
まさかのトップナンバー&地上運用() 1回はこいつに乗って新宿から小田原まで乗り通したいっていう夢がある( 小田急小田原線の中ではこれが一番好きです。千代田線は別(おい

久しぶりに「ああ,鉄したなぁ」っていう感じで帰路についた。やっぱり嫁が撮れた&乗れたっていうのが一番大きい気がする。ここだけの話,嫁に乗ったときは胸焼けがしてたけど,我孫子から代々木上原に向かってるときはだんだん治まってきた気がした。それはやっぱり「嫁に乗ってるんだ」っていう気持ちが後押ししてくれたんだと思ってる。
ただ,本当にこれでストレス発散につながるかって聞かれると,まだまだ及ばないと思う。なにかいい方法があればいいんだけど,なかなか思いつかない…。そして今日も晩御飯を食べた後に胸焼けがしている自分であった。


当ブログをご覧いただきありがとうございました。当ブログをさらによりよいものにしていくために,下の投票もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へにほんブログ村 高校生日記ブログへにほんブログ村 高校生日記ブログ 高校3年生へ
posted by 平塚 優 at 20:46 | Comment(0) | 撮り鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

往路と復路

「往路」と「復路」

この言葉を聞いただけでは何を指すのか分からないだろう。どこへ向かうのか,どこから帰ってくるのか。

実はこれ,WalkmanやiPhoneに入ってる曲のプレイリストの名前である。作ったのはいつごろだろう。中2かそれぐらいのときだと思う。それ以降,3,4曲くらいは入れ替えたり追加したりしたけど,今でもほとんど当時と変わっていない。
で,いつ聞くのかというと,もともと松山(祖母宅)へ向かうときの電車で「往路」,こっちに帰ってくるときの電車で「復路」という具合だった(厳密には駅とか空港への行き帰りの車中も含まれるけど)。ただ,今ではその道中を通るときは途中まで聞いており,「ここを通るときはこの曲を聞く」という僕のポリシーに含まれる形になっている。

高校までは上野なんかはめったに行く機会がなかったから,これらのプレイリストを流すと旅行に行くような感じがしてたけど,大学生になって毎日上野を通るようになってからはそんな気持ちが薄れつつある。松山に行くとき(いわゆる「本番」)でも,なんかそういう気持ちが薄れてきてる気がしないでもないw

この曲を作った当時というのは,「むしろ電車で暇にならないように」っていう考えで作ってたんだと思う。ただ毎回おんなじ曲を聞いてるうちに,自然と「ここを通るときはこの曲を聞く」というポリシーが生まれてきて,逆にこの曲らを聞かないと気が済まなくなる状態になってしまった。今ではよっぽどなことがない限りは松山へのルートを通学で通るわけであるから,ほぼ毎日聞いている。だから,寝てても曲だけで「今どこらへんだろう」というのが分かる()

これらのプレイリストで魅力的というかなんというか,最大の見せ場は,やっぱり尾久〜上野の「SUMMER CANDLES(杏里)」だと思う。
赤羽まではなんにもない限りはプレイリストを止めずにそのまま流すけど,赤羽でちょうど曲が終わる「愛してるなんてとても言えない(杏里)」が終わったら曲を止め,赤羽発車と同時に次の曲である「嘘ならやさしく(杏里)」を流し始める。そして,この曲も尾久についたら終わるので,尾久発車と同時に「SUMMER CANDLES(杏里)」を流し始めるのである。
これだけなら何ともない(のかなぁw)けど,「SUMMER CANDLES(杏里)」を流し始めたら自分の後方の景色を眺める。そして,2分20秒後(これ重要)に1段式車内LEDを注視し始めるのである(言葉で説明するのムズイwwww)。
1段式LEDは「次は 上 野 」→「Next Ueno 」→「次は ウ エ ノ 」→「行先は 上 野 」という順番で変わる。これと「SUMMER CANDLES(杏里)」を同調させるのである。この同調が最大の見せ場であり,これがうまく行ったら1日がなんとなく晴れやかな気分になる。普通に発車したらかなりの確率で同調する。ただ一番厄介なのは,運行情報があるときである。一番重要なのは「行先は 上 野 」から「次は 上 野 」に切り替わるときと,切り替わり時間の「3秒」である。運行情報が入るとこれが満たされなくなってしまうので,この同調は全く意味をなさなくなってしまう。

…と意味不明なことを喋ってしまいましたが,一般の人は読み飛ばしてもらって構いません()

まあこんな感じでいつも学校に通ってるわけだけど,来る1月1日がいよいよ本番である。ただ「籠原始発」というのが面倒で,この「往路」は深谷基準で作ってるからそこまで飛ばさないといけない。
まあやるだけやってみよう。


当ブログをご覧いただきありがとうございました。当ブログをさらによりよいものにしていくために,下の投票もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へにほんブログ村 高校生日記ブログへにほんブログ村 高校生日記ブログ 高校3年生へ
posted by 平塚 優 at 16:33 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。