2012年12月17日

深谷行きか通勤快速か

「早く、そして楽に帰りたい」
電車通勤通学してる人であれば、誰もがそう思うはずである。長距離通学をしている自分であれば、なおさらそう思う。
そして、「通勤快速で端席に座る」というのが、早く、そして楽に帰れる絶好の手段である。

通勤快速に乗るのはいいとして、「端席に座る」というのはなかなか難しい。それもそのはず、壁にもたれかかって寝れるわけであるから、人気は高い。
どうしたら端席に座れるのか。
それは、最低でも発車30分前には並び始めることである。まだ人がいない時間から並び始めれば、列の先頭で電車を待機でき、ドアが開いた瞬間にお目当ての席にたどり着くことができるのである。それもほぼ独占でw

ただ、今日のような日はそううまくいかない。
今日、そして明日は5限まで授業がある日である。5限が終了するのは17:50。学校から上野まで、ものすごいスムーズに行けても、最短で1時間かかる。この1時間というのは、常に時間を気にしながら行動しなければならないので、朝よりもめちゃくちゃハードスケジュールである。
まず、5限が何時に終わるのかによってもう通勤快速に座れるかが決まってくる。17:50ギリギリに終わればもう不可能。17:45までに終われば何とかたどり着くことができる。
今日は幸いにも17:42に終わった(というか終わらせたw)ので、18:45ごろに上野に到着しお目当ての席に座ることができた(ただ、到着したときにはちらほら並び始めてた)。ところが明日、明日の5限の授業は教授の方針なのか知らないけど、17:50ギリギリ、ひどいとオーバーするくらいまで授業をやってくださる。こちらにしてみれば迷惑な話。そうなると、通勤快速で座るのはもう不可能。諦めて上野19:47発の深谷行きで帰ることにしてる。

深谷行き、1日に1本だけあるレアな行先である。8/31までは211系で運転してたけど、9/1のE233営業運転開始すると同時に、この深谷行きもE233に変わった。最寄りが終点っていうのはなんか嬉しい(?)気分だけど、深谷に着くのが21:10と遅いのが難点。いつも通勤快速で帰ってるから、普通列車に乗ると、気分的にも遅く感じてしまう。

通勤快速で座れるか深谷行きになってしまうのか。授業終了時刻が5分違うだけで、こんなにも帰る時間が変わってしまうわけであるから、何ともシビアな問題である。特に火曜日が早く帰れないのが精神的にも、肉体的にも辛い…。



当ブログをご覧いただきありがとうございました。当ブログをさらによりよいものにしていくために,下の投票もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へにほんブログ村 高校生日記ブログへにほんブログ村 高校生日記ブログ 高校3年生へ
posted by 平塚 優 at 23:08 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

5時起き

この時期の6時,東の空がちょうど白んでくる頃である。
外はめちゃくちゃ寒い。そして,なんせ眠い。

5時起きとは言いつつも,実際に起きるのは5時20分くらい。それから大急ぎで支度をして5時52分発の電車に乗るわけだから,ある意味相当なハードスケジュールである。もっと余裕を持ちたいのは山々なんだが,もうこれ以上早くは起きれない。ほぼ寝ぼけながら電車に乗ってる感じで,次の駅で始発に乗り換え,端席を確保した後に再び眠りにつくのである。そして,赤羽についたころ,ようやく1日が始まる。時刻は7時15分である。

こんな生活を続けてはや2年になろうとしている。ただ,5時起きだけは何年経っても慣れない。特に火曜日。こないだ書いたと思うけど,5限までフルに入っていると思うと,足取りが重くなるのである。いつになったらこんな生活から抜け出せるんだ…?


当ブログをご覧いただきありがとうございました。当ブログをさらによりよいものにしていくために,下の投票もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へにほんブログ村 高校生日記ブログへにほんブログ村 高校生日記ブログ 高校3年生へ
posted by 平塚 優 at 22:28 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

憂鬱な火曜日

憂鬱な月曜日(blue Monday)」
英和辞典でもよく載っている言葉である。「休み明けの月曜日は憂鬱だ」とかっていう意味で使われるみたいだけど,今の学校の時間割だと「憂鬱な月曜日」ではなく「憂鬱な火曜日」の方が当てはまってる気がする。

火曜日がハードスケジュールなのは今に始まった話ではない。高校時代からも「火曜日」と聞くと憂鬱な気分になっていたのを覚えている。高校時代は火曜日は7時間授業だったからそう思ってたんだと思う(授業の内容に不満を感じてたやつもあったけどw)。
ただ,今のハードスケジュールとは全くレベルが違う。高校は7コマあったところで所詮50分授業。8:55に1限が始まっても,16:55には7限が終わる。しかし,大学は1コマが90分授業である。そして今の火曜の時間割は,なんと1限から5限まですべて授業で埋まっている
1限始まりということは5時起きである。そして5限終了だと運良く上野19:30発の通勤快速に乗れるかどうか(乗れないときの方が多い)。乗れなかったら19:47発である。家に着けばもう21時を過ぎている。これはかなり過酷な時間割である。
それだけじゃない。火曜の授業というのは何かと授業のやり方にストレスがたまるものが多い。そんなこんなで,毎週火曜日になると学校に行くのがものすごく怠くなる。そして休みたくなる。ただ,そんなことはこのクラスではできない。という訳で渋々ながら,不満を持ちながらも3時間かけて学校に通っている。そして,あと4週で今学年の憂鬱な火曜日は終わる。

不思議なことに,火曜日というものは精神的・肉体的に疲れるスケジュールになってしまうのである。それもさっきも言ったように高校時代からずっと。なぜなんだろう。時間割を自分でいじれないからこうなってるんかもしれないけど。
まだ去年は良かったんかもしれない。1週間のうちの4日が1限始まりという今思えば超過酷な時間割だったけど,最高でも4限までだった。今は1限始まりが2日に減った分,5限までの日が2日になった。これは前期もそうだったけど,5限までやられると帰りが遅くなってしまう。5限が終わるのが17:50であるから,今の時期なんかはもう真っ暗で,特に今日なんかは家にいる時間に日が出ていないという,昔では考えられないような事態になってしまっている。

だからといって,こちらではどうすることもできない。選択授業もあるけど,授業のとり方(「○○のグループで〜単位」みたいな感じ)が決まってるから,選択でも必修みたいなもん。というわけで時間割は9割以上固定されている。

なんとしてでもこの状況を抜け出したい。ただ,「15週」という縛られた期間,「欠席は2回までは許されるが…」という出席条件。この2つがあるかぎり,立ち向かうことができずに白旗を揚げながら渋々と学校に通わなければならなくなっている。「あと何週で終わる!」とかって数えてるときに限って,不条理なことに時の流れは遅くなるのである。


当ブログをご覧いただきありがとうございました。当ブログをさらによりよいものにしていくために,下の投票もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へにほんブログ村 高校生日記ブログへにほんブログ村 高校生日記ブログ 高校3年生へ
posted by 平塚 優 at 18:00 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。